あいさつ


 新年明けましておめでとうございます。
 皆様にはコロナ禍の中ご家族と静かな新春を迎えられたこととお慶び申し上げます。
 昨年は新型コロナウイルスの感染が世界に拡散し、多くの感染者・死者が発生し、現在も猛威を振るっています。いまだに終息の目処がたたず、昨年開催予定でありました東京オリンピック・パラリンピックも1年延期となりましたが今年も開催できるのか心配するところです。
 さて、本連盟も令和2年は新型コロナウイルス拡大のため、予定した行事が蜜を避けるのが難しく、また体育館等の使用規則もあり全ての行事を中止といたしました。令和2年度の行事も残っておりますが前年同様中止とせざるを得ません。ご理解をお願いいたします。
 令和3年の新春を迎え本連盟は4月以降の新年度の行事計画を作成中でありますが、新型コロナウイルスの変異種も確認され、いつの時点で終息を迎えるのか不明でありますが、例年どおり講習会・大会等を計画しております。
 また、令和3年は本県ソフトバレーボール連盟創設30周年の年にあたります。記念事業として記念誌の発刊、記念大会の開催等準備を進めております。
 まだまだ新型コロナウイルスの感染拡大が続き、変異種の国内での感染も確認されていますが、その防止対策は従来と同様とのことです。
 本年もこれまで以上に蜜を避け、マスク・手洗い等を徹底し感染を防ぎ、いつもの様にソフトバレーボールが出来る日常を早く取り戻し、多くの仲間たちと再会出来ることを祈念いたしております。 頑張りましょう!

埼玉県ソフトバレーボール連盟
       会長  森泉 誠